So-net無料ブログ作成

友達の呼び方 [自分のこと・思うこと]

独身時代の友人とママになってからの友人との
一番大きな違いは呼称じゃないかなと思います。

独身時代の友人とはファーストネームやニックネームで呼ぶのが基本でしたが、
ママ友の呼び方の基本は「○○ちゃんのママ」「△△ママ」
○○や△△に入るのは、自分の名前ではなく子どもの名前です。
初対面の人でも抵抗なく呼びあえる便利な呼称ですが、
やっぱり子どもを介しての友達といった感じがします。

たかが呼称、されど呼称。
「○○ちゃん」とファーストネームで呼びあえる友人とは
子ども同士の「ママ」としてではなく、お互いを友人と認めあえた気がするのはわたしだけでしょうか。
もっともっと「ママ」としてのわたしではなく、
わたし自身と繋がりたいと思ってくれる友達を増やしたいなと思っています。

ちなみに小学校では、男女問わずだれでも苗字で「□□さん」と呼ぶことになっています。
まず「それは男の子?女の子?」と確認しないと性別すらわかりません。
仲良くなった子同士はファーストネームで呼びあっているようですが、
学校のオフィシャルな場では「△△さん」と呼ぶそうで・・・
なんか不自然で好きじゃないです。

逆に学童では同学年以下はファーストネームで呼び捨て。
上級生にはファーストネームに「くん」「ちゃん」の敬称をつけることになっています。
やっぱりファーストネームで呼びあう間柄のほうが、温かみを感じます。

海ちゃんにも、ファーストネームで呼びあい、放課後も一緒に遊ぶクラスのお友達が増えてきたみたいです。
学童以外の人間関係を広げるのも大事だしいいことだと思って見守っています。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児
> 人気ブログランキング