So-net無料ブログ作成

便秘を解消する方法 [自分のこと・思うこと]

昨日は午後からずっと会議だったのですが、
その中に、外部講師の方を招いての講演がありました。
講師にきていただいたのは、フードアンドヘルス研究所の幕内秀夫さん。

子どもの食生活についての基本的な考えを講演いただいたのですが、
一番目からウロコだったのは「ご飯をきちんと食べていると便秘にならない」というくだり。

便秘がちな女子にお勧めとされる献立といえば、
食事は野菜中心、とくにサラダとヨーグルトは毎朝欠かさず・・・みたいなのがいまや一般常識ですが
幕内先生は「ご飯(米食)をきちんと食べないことが最大の原因」とばっさり。
確かに昔の日本人の食生活に、サラダもヨーグルトもありませんでしたが、
便秘で苦しんで便秘薬を飲むなんて習慣はなかったはず・・・。
「3食牛丼食べてるような男子学生は便秘になんかならないんです。
女の子は特にご飯を食べる量が少なすぎる」という言葉に、
なるほど~と思ってしまいました。

ちなみに、食物繊維をとるという意味でも、白米よりも5分づき(無理な人は7分づきから)米を
おすすめしていました。
幕内先生が監修している保育園の給食では、7分づき米のごはんを出しているそうです。
うちの子どもたちの通う保育園の給食も分づき米なのですが、
ほぼ白米と変わらない感じで乳児から食べているので、きっと7分づきなのだと思います。
(我が家は3分づきの玄米に近いご飯を食べています)

最近は食べ物のいろいろな成分を取り上げて、その効用をフォーカスする情報が多いですが、
「欠乏するとよくない」というのと「たくさんとるとプラスの効果がある」というのは
全く別の話だということも強調されていました。
食についての情報は、科学的検証がされていないものが多く、
巷で氾濫する情報を過信しないことも大事だなぁと改めて思いました。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0

> 人気ブログランキング